Future Mobility Concept

世界の中でも先進的な都市は今、変化を迎えています。何十年にもわたる車中心の都市計画が覆され、よりシンプルでエレガントなモビリティの形、つまり自転車が最前線に戻ってきています。渋滞を避け、駐車場探しの煩わしさを解消するe-bikeは、これまで以上に街中の移動を容易にし、その性能は向上し続けています。

モダンで直感的なデザイン、統合された機能、そして他に類を見ない性能を兼ね備えた革新的なコンセプトと2つの新しいe-bikeは、都市型モビリティの次のステップを表しています。通勤でも、食料品店までペダルを漕いで移動するときでも、あるいはリフレッシュやエクササイズのためのライドに出かけるときでも、私たちのデザイナーとエンジニアは細部にまで配慮して、これまで以上に速く、シンプルに街をナビゲートする革新的なソリューションを生み出しました。

Future Mobility Concept Future Mobility Concept // Canyon.com

A better more mobile future

大都市圏は成長しており、それに伴って交通量が増加し、大気汚染が悪化し、大気中に放出されるCO2の量も増えています。世界中の都市で、当局や都市計画担当者は、これらの問題に対処するための創造的な方法を考え出そうと必死になっていますが、彼らは得られるすべての助けを必要としています。交通機関の未来を形作るために、私たちはアーヘン工科大学と協力して、新しく革新的なソリューションを設計しました。

e-bikeと自動車の間のギャップを埋める私たちの未来のモビリティコンセプトは、自動車と自転車の両方に代わる革命的な選択肢を提示しています。次世代の軽量でパワフルなe-bikeのデザインに、4輪の安定性と天候の変化からの保護機能を組み合わせた「未来のモビリティ・コンセプト」は、自転車技術が街中の空間を再生する方法を再定義する決定的な一歩となります。これは、クリーンな乗り物であり、声明であり、来るべきものを示すものです。

Bridging the gap

私たちは車に飛び乗ることに慣れているので、車がデフォルトの選択肢になっていることが多いのですが、通勤ラッシュの時間帯に車の海に埋もれて運転席に座っていると、自転車レーンを自転車が通り過ぎていくのを羨ましく思わずにはいられません。しかし、都市部でe-バイクの人気が急上昇しているとはいえ、潜在的なユーザーの45%*は、風雨や雪から守られた移動手段を望んでいます。

私たちの「未来のモビリティコンセプト」をご紹介します。この低排出ガス車は、車とe-バイクの優れた部分を融合させ、究極のデイリーコミューターとなるように設計されています。高速で安定しており、公道を飛び回るのに十分な速さと安定性を持ちながらも、状況が悪化したときには自転車専用レーンに滑り込むのに十分な軽さと俊敏性を備えています。モビリティの次のステップはここにあります。

*マイクロモビリティに関するマッキンゼーの研究に基づく

Future Mobility Concept // Canyon.com

Capsule concept

どうすればe-bikeに全天候型の保護機能を持たせることができるのか?これは、私たちのデザイナーとエンジニアがFuture Mobility Conceptで答えを出さなければならなかった問題です。このソリューションは、フォルムと機能を完璧に融合させた革新的なパノラマカプセルに囲まれた、完全に密閉可能なパッセンジャーコンパートメントです。

風雨から保護するために密閉されていないときは、カプセルを2本のレールに沿って前方にスライドさせてコックピットを開くことができます。この「オープンモード」は、暑い季節や、コンバーチブルのような爽やかな風を感じたいときに最適です。カプセルはライダーの後ろにも十分なスペースがあり、子供を乗せたり、荷物を積んだり、帰りの食料品を詰め込んだりすることができます。カプセルは、その後、車両の簡単な出入りのためにさらに前方にスライドさせることができます。

Design

純粋(シンプル)、精密(プリサイス)、躍動(ダイナミック)。この3つの原則は、長年にわたり受賞歴のあるキャニオンのデザイン言語を決定づけてきましたが、もちろん新しいフューチャーモビリティコンセプトにも反映されています。コンセプトの未来的な美学は、現代の自転車と自動車のデザインを融合させ、すっきりとした縮小されたシルエットは、車両の軽量化と空力的な構築をさらに伝えています。

最終的には、このデザインは、新しいPrecede:ON e-bikeのように、都市のシンプルさと、より新しく、より良い方法で街をナビゲートするというアイデアを想起させます。これらのデザインは、よりモバイルな未来のための統一されたデザインを表現しています。

Future Mobility Concept Future Mobility Concept // Canyon.com
Ergonomics

リカンベント自転車と同様に、このコンセプトはペダルに足を乗せた快適な姿勢でライダーを配置します。コンセプトの操作は直感的なサイドスティックステアリングを使用しており、ライダーの左右の腰にある2本のジョイスティックが、半径7mの鋭角な旋回半径で車両を旋回させます。その結果、快適で俊敏なシステムは、安全でシンプルな通勤を可能にすると同時に、ライダーを風雨から守ります。

The E-City Experts についてよくある質問


読み込み中