Image

Frodo climbs out of town on the way to defending his Ironman world title with a commanding display.

2016年10月09日, TRIATHLON There is only one

King Of Kona

レースを前にしての周囲からの期待、それを上回る選手もいれば、中には期待に応えられない選手もいる。ハワイ島、コナで毎年開催される、アイアンマン世界選手権、ロングディスタンス・トライアスロンの頂点を決める大会である。ヤン・フロデノは昨年優勝を遂げ、今年はそのタイトルを守るためにレースに臨む。2連覇への周囲の期待の大きさといったら、それは我々の想像を超える重圧であろう。

今年のレースも、昨年と同じように彼は淡々と、すべてをコントロールし、そしてゴールした。スイム、バイク、ラン、それぞれのスプリットではトップタイムでは無かったが、3種目を通して最も速かったのがフロデノである。スイムでペースを作り、バイクではSpeedmax CF SLXで積極的な走りを見せる。そして最後のランで、ライバルとなったSebastian Kienleに打ち勝ったのだ。スイム、バイク、ラン、この3種目をいかにマネジメントするか、その総合力を遺憾なく発揮したレースだった。

一方、Canyonトライアスリートであるボリス・ステインとパトリック・ランゲもそれぞれのベストを尽くし、存在感を発揮した。180kmのバイクパートをSpeedmax CF SLXで走り、4:23:04を記録。バイクパートの全体のベストラップとなり、総合7位に。パトリック・ランゲは途中ペナルティを受けタイムをロスしながらも、コナ初挑戦で総合3位と表彰台に登った。

ティノ・ポールマンによるフォトギャラリーでコナの余韻をお楽しみください。

All photos by Tino Pohlmann.