Image
2015年01月21日, CANYON ツアー・ダウンアンダー 2015

JuanJo Lobato calls in first win of 2015

2015年、の勝利の扉を最初に開いたのはモビスターチームのフアンホセ・ロバト!タフな登りの多いツアー・ダウンアンダー第2ステージで、26歳のスペイン人はニューモデルの Aeroad CF SLXを駆り、パーフェクトと言える登りゴールスプリントをこなして勝利を挙げました。

見た目ほど簡単な勝利ではありませんでした。ロバトはレース中パンクでストップ。アップダウンの続くテクニカルなコースには平坦はほとんど無く、そこをハイスピードで走り抜ける集団へと戻るのに一苦労でした。

登りゴールスプリントへと続く最終局面、モビスターチームと彼は戦術的な冴えた走りを見せ、他の選手が早駆けする中じっくりと機会を伺います。ロバトは後方から一気にスプリントを仕掛けて先頭に立ち、そのままゴール。チームメイトのゴルカ・イサギーレも3位に入賞しました。

この勝利はキャニオンとモビスターチームにとって2015年最初の勝利。2014年にチーム総合優勝を果たした UCIワールドツアーランキングのポイントも獲得しています。