Image

© Markus Greber

2017年06月15日, MTB Topeak Ergon Racing Team

MTBマラソン世界選手権

UCI MTBクロスカントリーマラソン世界選手権で2回の優勝経験を持つ、トピーク・エルゴンレーシングチームのアルバン・ラカタ選手。6月25日にドイツ・ジンゲンで開催される2017年の世界選手権を前に、レースへの準備について聞きました。

「一番大事なのは、目標を持つこと。そして目標が達成できたら、すぐ新しい目標を見つけること」

すでに2度世界の頂点に立っているラカタ選手ですが、その目標は、かつてクリストフ・サウザー選手が成し遂げた優勝回数3回に並ぶこと。チームメイト、クリスティアン・ハイネック選手、エリック・クラインハンス選手とともにトレーニングや補給、装備の準備を入念に行ない、その目標は揺らぐことがないようです。