Image

photo:吉田悠太、山内潤也

2015年02月20日, CANYON cyclesports.jp

「サイクルスポーツ.jp」AEROAD CF SLX 試乗インプレ

サイスポ.jpにエアロードCF SLXのインプレが掲載されました。先代エアロードを個人所有していたフリーライターの吉本氏が、前作と対比しながら新型の性能を探ります。

キャニオン・エアロード CF SLX 試乗記

"前作はP・ジルベールなどのトップ選手により数々のタイトルを獲得してきた。彼のようなパンチ力で勝負する選手が駆っただけに、さぞ攻撃的な走りを想像するが、その性格は拍子抜けするほどに友好的だった。(中略)性能の進化を最も体感できるのは、ダンシングにおける平地の中・高速域、上りでの加速だ。"

"全体的に軽快感を付加した走行感によって、肉体的にも精神的にも楽に走れる印象がある。(中略)ガチッと硬いフレームよりも、適度なしなりで進ませるライダーに適性のあるフレームといえるだろう。したがって距離が長めのアタックやスプリント、ハイピードでの逃げといったロードレースの局面、またはトライアスロンなどにも向いている。"

・・・続きはウェブサイトをご覧ください

キャニオン・エアロード CF SLX 試乗記!

 

・・・合わせて下記特集記事もご覧ください

"近年、急成長を遂げて世界中のサイクリストから注目されるドイツのキャニオン。同社は12月1日よりキャニオンジャパンを開設することとなり、その発表に合わせてドイツ本国よりスタッフが来日。これを機にキャニオンの2015年モデルで注目の1台となるエアロードCF SLXの特徴を、同社のバイクを4台乗り継いだフリーライターの吉本司がレポート。"

キャニオン2015フラッグシップ エアロードCF SLXとは vol.1

"キャニオンの2015年モデルで注目の1台となるエアロードCF SLXの特徴を、同社のバイクを4台乗り継いだフリーライターの吉本司が、開発者とJ・ロドリゲス(カチューシャ)の話しを交えて紹介する。"

 キャニオンの開発者、選手にインタビュー。エアロードCF SLXとは vol.2