Ultimate CF SLX Disc 9.0 ETAP
アウトレット // ロード・グラベル・シクロクロス アウトレット

Ultimate CF SLX Disc 9.0 ETAP

  • stealth
フレームサイズ: M
  • 平均重量
    6.89 kg
  • 素材
    カーボン(CF)

Ultimate CF SLX Disc 9.0 ETAP - 単なるロードバイクではありません。Ultimate CF SLX Disc 9.0 eTap(アルティメット CF SLX Disc 9.0 eTap)は、自転車業界における最新のデザインとエンジニアリングの到達点を示すものです。ワイヤレスで変速する電動シフト、内蔵のパワーメーターシステム、軽量で空力性能に優れたフレームを備えるこのバイクこそ、完全なるレース仕様マシンです。

¥809,000でした
税別:

Ultimate CF SLX Disc 9.0 ETAP - 単なるロードバイクではありません。Ultimate CF SLX Disc 9.0 eTap(アルティメット CF SLX Disc 9.0 eTap)は、自転車業界における最新のデザインとエンジニアリングの到達点を示すものです。ワイヤレスで変速する電動シフト、内蔵のパワーメーターシステム、軽量で空力性能に優れたフレームを備えるこのバイクこそ、完全なるレース仕様マシンです。

Ultimate CF SLX Disc 9.0 ETAP

受賞とレビュー

Ultimateは、イノベーションとパフォーマンスを融合させたシリーズです。ワールドツアーで数々のタイトルに輝いたフレーム、SRAMの傑出した12速コンポーネント新型RED eTap AXSグループセット、内装デバイスを満載する最新世代のCanyon Aerocockpitなど、あらゆる細部に最先端技術が投入されています。まさに、最先端の名にふさわしいモデルです。

ジオメトリー表を見る

すべてのロード・グラベル・シクロクロス アウトレットモデル

37 商品
  • ソート
    • Blue Tinted
    • stealth
    • oahu blue
    • stealth - red
    • pearl city black
    • waikiki pink
    • Movistar Blue
    • stealth - asphalt grey
    • stealth - red
    • inpace green
    • waikiki pink
    • stealth
    • Blue Tinted
    • kerosine red
    • gran tourismo blue
    • Canyon Sram Stealth
    • stealth - asphalt grey
    • stealth - red
    • kerosine red
    • stealth - red
    • canyon sram racing
    • high vis Black
    • minimal neon
    • stealth - asphalt grey
    • stealth - red
    • stealth
    • stealth CSR
    • berry

バイク分類

このカテゴリーの自転車は、舗装された道を走行するために設計されており、車輪が常に路面に接している状態にあります。主にロードバイクで、ドロップハンドルやストレートハンドルを備えたものがあり、トライアスロンバイクやタイムトライアルバイクなども含まれます。許容総重量はライダー・携行品・自転車を合わせて120 kgですので超過しないようにしてください。この許容最大重量は、使用されているコンポーネントのメーカーの推奨値によって、さらに制限されることがあります。

このカテゴリーの特殊な例としては、シクロクロスバイクとして販売されている自転車があり、ドロップハンドルを備え、カンチレバーブレーキまたはディスクブレーキが装備されています。このタイプの自転車は、砂利道やオフロードコースでの走行にも適しており、15 ~20 cm 程度の低い段差によってタイヤが一時的に地表から離れることがあります。

We’re in Control

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。Canyonのバイクはメーカー直接販売、Canyon公式ストアのみで販売しています。またご注文前からご注文後まで、Canyon製品に精通したカスタマーサポートチームが、最適なサポートを提供いたします。

免責条項

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。