Speedmax CF SLX 8.0 SL
Road // トライアスロン // Speedmax

Speedmax CF SLX 8.0 SL

  • deep black matt - white
  • comet blue
  • 平均重量
    8.70 kg
  • 素材
    カーボン(CF)

Speedmax CF SLX 8.0 SL - ライダーのほとんどは、スポンサー付きの選手ではなく、当然、予算の制約の下で活動しています。Speedmax(スピードマックス)CF SLX 8.0 SLは、あり得る最良のセットアップを手に入れたいが無限の財源を持つわけではなく、価格が最高レベルのキットを購入することはできない、という野心的なアスリートのために設計製造されています。ただし、これは、Speedmax CF SLX 8.0 SLを中程度の製品としてまとめたという意味ではありません。Canyonがかつて製造した中で最良のタイムトライアル/トライアスロン用フレームについては言うまでもなく、Ultegra Di2とDT Swiss ARC 1400 Dicutを始めとするセットアップは、現在ワールドツアーを走っているどのようなバイクとも同等以上のものなのです。ジオメトリーは、エアロバーも快適に使用できるように微調整されています。

Speedmax CF SLX 8.0 SL - ライダーのほとんどは、スポンサー付きの選手ではなく、当然、予算の制約の下で活動しています。Speedmax(スピードマックス)CF SLX 8.0 SLは、あり得る最良のセットアップを手に入れたいが無限の財源を持つわけではなく、価格が最高レベルのキットを購入することはできない、という野心的なアスリートのために設計製造されています。ただし、これは、Speedmax CF SLX 8.0 SLを中程度の製品としてまとめたという意味ではありません。Canyonがかつて製造した中で最良のタイムトライアル/トライアスロン用フレームについては言うまでもなく、Ultegra Di2とDT Swiss ARC 1400 Dicutを始めとするセットアップは、現在ワールドツアーを走っているどのようなバイクとも同等以上のものなのです。ジオメトリーは、エアロバーも快適に使用できるように微調整されています。

Speedmax CF SLX 8.0 SL

受賞とレビュー

もしあなたが「耐久分野の鬼」であり、本格的な長距離レース用に欲しいと考えているのであれば、長期にわたっての背中の傷みに悩まされる心配もなく購入できます。シマノ Ultegra Di2の使用により、無駄なくカチッと決まる変速動作が実現しており、さらにエアロコクピットに最適のDi2ボタンシフターの助けも借りて、ギアの飛び越えなどありません。CF Basebarと完全一体型のV21 AL Aeroステムの組み合わせは、風に向かったときに高い空力性能を発揮するだけではなく、スペーサーとエクステンションを使用して幅広い調整も可能です。エアロバーの間には、水分と補給食の収納システムが滑らかに作り込まれています。ただし、この収納システムは、本格的ロードレーサーには重要なUCI規則準拠のため容易に取り外せるようになっています。マススタートのトライアスロンでの競り合いのためにSpeedmax CF SLX 8.0 SLの購入を考えているとしたら、泳者としては自分よりわずかに優れた選手を勝負から除外するためのバイクだと確信して差し支えないでしょう。

ジオメトリー表を見る

読み込み中

すべてのSpeedmaxモデル

22 商品
    • half blue
    • pearl city black
    • oahu blue
    • deep black matt - white
    • comet blue
    • pearl city black
    • oahu blue
    • deep black matt - white
    • comet blue
    • neon berry
    • pearl city black
    • oahu blue
    • deep black matt - white
    • comet blue
    • pearl city black
    • oahu blue
    • neon berry
    • stealth
    • stealth
    • oahu blue
    • stealth
    • venom green

バイク分類

このカテゴリーの自転車は、舗装された道を走行するために設計されており、車輪が常に路面に接している状態にあります。主にロードバイクで、ドロップハンドルやストレートハンドルを備えたものがあり、トライアスロンバイクやタイムトライアルバイクなども含まれます。許容総重量はライダー・携行品・自転車を合わせて120 kgですので超過しないようにしてください。この許容最大重量は、使用されているコンポーネントのメーカーの推奨値によって、さらに制限されることがあります。

このカテゴリーの特殊な例としては、シクロクロスバイクとして販売されている自転車があり、ドロップハンドルを備え、カンチレバーブレーキまたはディスクブレーキが装備されています。このタイプの自転車は、砂利道やオフロードコースでの走行にも適しており、15 ~20 cm 程度の低い段差によってタイヤが一時的に地表から離れることがあります。

We’re in Control

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。Canyonのバイクはメーカー直接販売、Canyon公式ストアのみで販売しています。またご注文前からご注文後まで、Canyon製品に精通したカスタマーサポートチームが、最適なサポートを提供いたします。

免責条項

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

Viewport: 
Loading...