Torque AL 5.0

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

このモデルの特徴

仲間と一緒に山を駆け下りるのが、土曜の午後の完璧な過ごし方に聞こえるとしたら、Torque(トルク)AL 5.0フルサス・マウンテンバイクをコレクションに加えるべきでしょう。厳しい衝撃に耐えられるようアルミフレームを採用、一方でジオメトリーは遊び心のあるものにして、スリー・フェイズ・キネマティクスの優れた感度を活かしています。RockShox Yari RC Solo AirフォークとRockShox Super Deluxe Rリアショックは、ダイナミックなライドを保証しつつ、高レベルの接地性をキープします。リム幅30mmのDT Swiss E1850ホイールと2.4インチMaxxis Minion DHR IIタイヤの組み合わせにより、波打ったトレールでも、コーナーでも、高速ストレートでもホイールが確実に地面をトレースすることが期待できるのです。Torque ALであれば、たとえばSender(センダー)のような純血種のダウンヒラーに近いDHランを楽しめる上に、その後の上りも快適に走れるのです。この多用途性を支えているのが、信頼性の高いSRAM NX 1x11コンポーネントで、シングルトラックのあらゆる状況に対応するギア比を備えています。SRAM Guide REディスクブレーキがあれば、コーナーをオンザレールで駆け抜ける自信が持てます。ライダーには、このブレーキでいつでも速度を調整でき、必要なら完全に勢いを殺すこともできることが分かっているからです。そして、Kind Shock Lev- Siドロッパーシートポストも歓迎すべき追加装備でしょう。サドルを邪魔にならない位置に落とし、急傾斜の下りでコントロールを保つための腰を引いた姿勢を取りやすくしてくれます。トレールライドの幅を広げ始めたライダーでも、週末の長距離アドベンチャーライドのために最高に楽しいフルサス・マウンテンバイクを探しているライダーでも、Torque AL 5.0なら、レースタイムの悩みをすべて忘れてとてつもなく楽しい思いをするための助けになることでしょう。

パーツ一覧

  • ディレーラーハンガー Derailleur Hanger No. 26
  • チェーンガイド e.thirteen TRS
  • ステム RaceFace Chester
  • シートクランプ Canyon Clamp SL
  • フレームサイズ XS, S, M, L, XL
  • カラー factory black | burst orange
  • 平均重量 15,3 kg (サイズ M )
  •  
  • 付属

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ XS S M L XL

参考適正身長(cm) 155-162
162-170
170-178
178-186
186-200
A
参考適正サドル高(mm) 623-742
662-782
702-847
742-886
782-926
B
シートチューブ長(mm) 380
400
440
455
500
C
水平換算トップチューブ長(mm) 571
597
620
642
665
D
ヘッドチューブ長(mm) 105
115
125
135
145
E
ヘッド角(°) 65
F
シート角(°) 74
G
チェーンステー長(mm) 428
H
ホイールベース(mm) 1146,7
1170,9
1195,1
1219,3
1243,4
I
スタック(mm) 609
618
627
636
645
J
リーチ(mm) 400
420
440
460
480
K
スタンドオーバーハイト(mm) 764
751
756
760
756
L
BB下がり(mm) 15

ヘッドスペーサー(mm) 15

ステム長(mm) 40

ハンドル幅(mm) 780

クランク長(mm) 165

シートポスト径(mm) 30,9

シートポスト長(mm) 400
450
450
450
450

ホイール径 27,5

フロントストローク(mm) 180

リアストローク(mm) 175

リアショック長(mm) 230
250
250
250
250

バイクカテゴリー: 5
主に200mm程度のロングトラベルの前後サスペンションを装備したダウンヒルバイクと、非常に頑丈な構造を持つダートジャンプバイクが該当するカテゴリー。
このカテゴリーに属するダウンヒルバイクは、練習を積んでテクニックのあるライダーが、障害物が大変多く、勾配が非常にきついチャレンジングなダウンヒルコースを、攻めて走ることを前提に設計されています。
また、このカテゴリーに属するダートジャンプバイクは、バイクパークでの非常に大きなジャンプに使用されることを前提に設計されています。
必ずライド前に、自転車の各部分にダメージが無いか点検してください。ダメージを負った部品をそのまま使用することは、大きな事故に繋がる可能性があります。安全に関わる重要な部品は、定期的に交換してください。
適切な装備を着用して身体を防護することは必須です。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。