Exceed WMN CF SL 8.0

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

このモデルの特徴

自分にとって最重要のレースをともに戦い抜くカーボンハードテールの購入を考えているなら、Exceed(エクシード)WMN CF SL 8.0は最もタフなXCコースのための有力な選択肢になるでしょう。Exceed WMN CF SL 8.0は、野心ある女性マウンテンバイカーに完璧なフィット感と質感を感じてもらうために開発されたものです。S、M、およびLの各サイズは、29インチホイール用に設計されたレース志向のジオメトリーを持つ一方、XSサイズは27.5インチホイール用に設計されたレースジオメトリーで製作され、すべてのサイズでメリハリの効いた鋭い乗り味を実現しています。同様に、軽快なハンドリングを考慮してカーボンハンドルの幅を狭めてステムを短くする一方、Ergon GA30グリップにより、手の疲労を抑える快適性のレベルを提供します。フロントサスペンションは、Boost規格準拠の100mmトラベルサスペンションフォークRockShox SID WC Light Tuneです。Canyon専用に開発されたLight Tuneは、軽量級のライダーでも岩から岩へと飛び跳ねるような感触がないように、敏感なサスペンションを備えたモデルです。コンポーネントも最高の仕様で、12速のSRAM X01 Eagleを採用しており、荒れた条件でもすばやく確実に変速できます。これがレース結果を左右することもあり得るのです。さらに、スプロケットのギア比の10-50という広い範囲が、あらゆる急坂を上る際に役立ちます。DT Swiss XR 1501 Spline ONEは、DT Swissの最軽量アルミホイールであり、鋭いステアリング特性を示します。フロントにMaxxis Ardent Race 2.2タイヤ、リアにMaxxis Ikon 2.2タイヤを組み合わせて、素晴らしいトラクションとコーナーでの安定性を、低転がり抵抗を損なうことなく達成しています。Exceed WMN CF SL 8.0は、XCマラソンレースとタフなトレーニングライドの信頼できるパートナーです。

パーツ一覧

  • ヘッドセット Cane Creek 40 | IPU Top Cap
  • ディレーラーハンガー Derailleur Hanger No.36
  • スプロケット SRAM XG-1275 Eagle, 12s
  • タイヤ Maxxis Ardent Race | Maxxis Ikon
  • チェーン SRAM GX Eagle
  • フレームサイズ XS (27,5"), S, M, L
  • カラー sprint mint
  • 平均重量 9,6 kg (サイズ S )
  •  
  • 付属

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ XS S M L

参考適正身長(cm) 152-162
162-172
172-182
182-192
A
参考適正サドル高(mm) 623-699
658-744
703-789
748-834
B
シートチューブ長(mm) 350
395
440
485
C
水平換算トップチューブ長(mm) 539,8
568,2
600,3
620,3
D
ヘッドチューブ長(mm) 90
90
100
115
E
ヘッド角(°) 69,5°
F
シート角(°) 74°
G
チェーンステー長(mm) 422
427
427
432
H
ホイールベース(mm) 1040,9
1070,5
1104
1130,2
I
スタック(mm) 574,6
603,9
611,3
625,3
J
リーチ(mm) 375
395
425
441
L
BB下がり(mm) -48
-65
-63
-63

ヘッドスペーサー(mm) 20

ステム長(mm) 60
70
80
80

ハンドル幅(mm) 680
680
700
700

クランク長(mm) 170
170
175
175

シートポスト径(mm) 30,9

シートポスト長(mm) 350
400
400
400

タイヤ含む半径(mm) 353
370,5
370,5
370,5

ホイール径 27,5"
29"
29"
29"

フロントストローク(mm) 100

バイクカテゴリー: 3
主に120mm程度のショートトラベルのサスペンションを装備したハードテイルまたはフルサスペンションのマウンテンバイクが該当するカテゴリー。
この自転車は、荒れたダート道やシングルトラックでも使用できることを前提に設計されています。最大60cmの段差からのジャンプがあることが想定されていますが、この高さのジャンプは着地に失敗し、怪我に繋がる可能性がありますので充分な練習が必要です。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。