Exceed WMN CF SLX 9.0

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

このモデルの特徴

もし、ポーリーヌ・フェラン=プレヴォがマウンテンバイク・クロスカントリーレースで成し遂げたことに対抗したい野望を抱いているなら、または単に山麓での探検を活気づける最上位の29インチハードテールを求めているなら、Exceed WMN CF SLX 9.0は、あなたが高く羽ばたくために必要な性能と軽量カーボンファイバーフレームを備えています。このバイクは女性向けに設計され、文句なしに最高のハンドリングとコントロール性能を持たせるため、27.5インチサイズのホイールを使用しています。100mmトラベルのRockShox SID WC軽量チューンフォークは、クロスカントリーレースセグメントにおいて最高レベルの人気を誇るサスペンションオプションであるばかりでなく、Canyon専用に開発されたLight Tuneテクノロジーによって軽量級ライダーに最適化されています。その結果、あらゆる重要なレースデイに使える反応性の高いセットアップが得られました。 SRAM X01 Eagle 12速コンポーネントにより、いかなるクロスカントリーイベントでも耐え抜けるギア比と信頼性がもたらされています。 DT Swiss XRC1200 Spline ONEホイールは、レーサーが本番レース用として求めるような軽量高性能のホイールですが、長いトレーニングセッションに耐える十分な耐久性も備えています。2.2インチのMaxxis Ardent RaceタイヤとMaxxis Ikonタイヤにより、固い路面での低転がり抵抗とコーナーや軟弱路面のセクションにおける抜群のグリップの完璧なミックスを提供しています。下半身への圧力を最小化するため特殊な切り欠きを設けたSelle Italia SLS Lady Flowサドルにより、極めて長時間をサドルの上で過ごす日でさえも、快適に座っていられるのは間違いありません。独自の近道の開拓を狙っている場合でも、テープとテープの間のレースコースを走る場合でも、Exceed WMN CF SLX 9.0の購入によってライダーの自信と能力がともに強化されることでしょう。

パーツ一覧

  • ヘッドセット Cane Creek 40 | IPU Top Cap
  • ディレーラーハンガー Derailleur Hanger No.36
  • タイヤ Maxxis Ardent Race | Maxxis Ikon
  • チェーン SRAM GX Eagle
  • フレームサイズ XS (27,5"), S, M, L
  • カラー obsidian orchid
  • 平均重量 9,1 kg (サイズ S )
  •  
  • 付属

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ XS S M L

参考適正身長(cm) 152-162
162-172
172-182
182-192
A
参考適正サドル高(mm) 623-699
658-744
703-789
748-834
B
シートチューブ長(mm) 350
395
440
485
C
水平換算トップチューブ長(mm) 539,8
568,2
600,3
620,3
D
ヘッドチューブ長(mm) 90
90
100
115
E
ヘッド角(°) 69,5°
F
シート角(°) 74°
G
チェーンステー長(mm) 422
427
427
432
H
ホイールベース(mm) 1041
1071
1104
1130
I
スタック(mm) 574,6
604
611,3
625,3
J
リーチ(mm) 375
395
425
441
L
BB下がり(mm) 48,00
65,00
63,00
63,00

ヘッドスペーサー(mm) 20*

ステム長(mm) 60
60
70
70

ハンドル幅(mm) 720

クランク長(mm) 170
170
175
175

シートポスト径(mm) 30,9

シートポスト長(mm) 400

タイヤ含む半径(mm) 353
370,5
370,5
370,5

ホイール径 27,5"
29"
29"
29"

フロントストローク(mm) 100

バイクカテゴリー: 3
主に120mm程度のショートトラベルのサスペンションを装備したハードテイルまたはフルサスペンションのマウンテンバイクが該当するカテゴリー。
この自転車は、荒れたダート道やシングルトラックでも使用できることを前提に設計されています。最大60cmの段差からのジャンプがあることが想定されていますが、この高さのジャンプは着地に失敗し、怪我に繋がる可能性がありますので充分な練習が必要です。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。