Spectral CF 9.0 Pro

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

このモデルの特徴

出場予定のエンデューロレースの合間に練習日をうまく挟み込んでいたとしても、ときにはストップウォッチを投げ捨てて、いかしたトレールに1人で出かけるライドが待ちきれないことがあるでしょう。Spectral(スペクトラル)CF 9.0 Proは、にふさわしい高いパフォーマンスを発揮しながら、単にトレールの楽しさを味わう1日に、強烈なインパクトにも耐える理想的な高性能フルサス・マウンテンバイクです。実際、このバイクはジョー・バーンズがトレールに好んで持ち込むまさにそのバイクなのです。フレーム・ジオメトリーは、向上したキネマティクスと連携させつつ生物機械学的に最適化されており、快適でありながらアグレッシブなポジションを容易に取れます。改良されたRockShox Pike RCT3フォークとRockShox Deluxe RT3リア・エア・サスペンションで構成される敏感かつ実質的に底付きのないサスペンションのおかげで、トラクションとコントロール性を存分に楽しめます。軽量なカーボン製フロント・トライアングルと堅牢なアルミ製リア・トライアングルの組み合わせが、タイトなコースを突き抜け、襲いかかる岩の衝撃にも耐えます。SRAM X1 Eagleコンポーネントは、10-50Tの12速コグの幅広い変速範囲により、登坂時の出力アップと降坂時の加速をともに助けます。さらに、TRUVATIV DESCENDANT Carbon Eagleクランクという、軽量であると同時に素晴らしいルックスの優れた部品も使用しています。軽量化を図りつつ耐久性を犠牲にしないため、足もとにはMavic XA Proアルミニウムホイールを採用、フロントのMavic Quest Pro 2,4タイヤとリアのMavic Quest Pro 2.4タイヤとの組み合わせで、強力なグリップを得られます。RockShox Reverb Stealth B1ドロッパーシートポストにより、高速降坂時にも楽に腰を落とした低い姿勢が取れます。Spectral CF 9.0 Proは、山岳ライドへの愛を倍加させるバイクなのです。

パーツ一覧

  • ディレーラーハンガー Derailleur Hanger No. 26
  • チェーン SRAM GX Eagle
  • グリップ Ergon GD1
  • フレームサイズ S, M, L, XL
  • カラー rallye blue | forest flare
  • 平均重量 13,1 kg (サイズ M )
  •  
  • 付属
  • 取扱説明書 Canyon Fitness Manual

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ S M L XL

参考適正身長(cm) 162-170
170-178
178-186
186-200
A
参考適正サドル高(mm) 662-782
702-847
742-886
782-926
B
シートチューブ長(mm) 425
440
480
520
C
水平換算トップチューブ長(mm) 579
605
633
661
D
ヘッドチューブ長(mm) 92
116
147
170
E
ヘッド角(°) 66
F
シート角(°) 74,5
G
チェーンステー長(mm) 430
H
ホイールベース(mm) 1141
1172
1204
1235
I
スタック(mm) 588
605
634
655
J
リーチ(mm) 419
440
460
482
K
スタンドオーバーハイト(mm) 742
763
783
797
L
BB下がり(mm) 27
22
22
22

ヘッドスペーサー(mm) 5
10
15
20

ステム長(mm) 50

ハンドル幅(mm) 760

クランク長(mm) 170
175
175
175

シートポスト径(mm) 30,9

シートポスト長(mm) 390
440
440
440

ホイール径 27,5

フロントストローク(mm) 150

リアストローク(mm) 140

バイクカテゴリー: 4
主に150mm程度のミッドトラベルの前後サスペンションを装備したマウンテンバイクが該当するカテゴリー。
この自転車は、勾配がきつく非常に荒れた、障害物の多い路面を、高速を維持して走る場合があることを前提に設計されています。練習を積んだライダーが、一般的な高さの段差からジャンプすることは問題ありませんが、バイクパークでの過度なジャンプや、「ノースショアスタイル」のセクションを走ることは避けてください。
オフロード走行によって、自転車の各部品には疲労が蓄積します。ライドごとに必ず自転車を点検してください。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。