Aeroad CF SLX 8.0 Di2

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

このモデルの特徴

Aeroad(エアロード)CF SLXの購入を決意したが、チームカチューシャと同じ予算があるわけではない。こういうときには、お求めやすい価格で入手できるプロレベルの最高品質のバイク、Aeroad CF SLX 8.0 Di2があります。一切のグレードダウンをせずに、同じく本格的な空力性能を備え、高剛性で乗り心地がよく、平均重量はわずか980gで、石畳のクラシックレースに耐えるタフさと、アルプスの上りに使える軽さを兼ね備えたフレームが手に入るのです。Proジオメトリーにより、自然とアグレッシブなポジションが取れ、ライダーはさらにペースを上げるよう促されます。ダイレクトマウントブレーキや、一体型シートポストクランプ、S27 Aero VCLS CFシートポストといった細部も、インターフェースに配慮のない設計で折角のパワーをロスすることなどない、ということを示しています。さらに、Fizik Arione R5は、自らの持てるものを最後の1滴まで絞り出そうと本気で取り組むライダーに好まれる柔軟性を備えており、このバイクにはまさに好適なサドルです。ステム一体型エアロハンドルCanyon H11 Aerocockpit CFは、通常のハンドルセットアップと比較して出力を5.5W節約する効果を生むうえ、プロらしいルックス備えています。 シマノUltegra電動グループセットの採用は、節約という見地からすると唯一の誤りのように見えますが、このグループセットがどれほど素晴らしいものかを知れば、採用しない方がクレージーだということが分かります。ホイールはReynolds Strikeカーボンクリンチャーホイールセットが付属しています。Reynolds Performanceライン中、ハイト62mmの最も深いディープリムホイールStrikeは、Swirl Lip Generator(SLG)設計により、高い空力性能とともに、極めて強い横風の中でも驚くべき安定性を保ち、予測不能の反応が一切ないという特性を見事に両立しています。Aeroad CF SLX 8.0 Di2によって、どんなプロレーサーでも喜んで試合に使うレベルが簡単に手に入るのです。

パーツ一覧

  • ディレーラーハンガー Derailleur Hanger No.25
  • フレームサイズ 2XS, XS, S, M, L, XL, 2XL
  • カラー stealth - asphalt grey | cherry pepper
  • 平均重量 7,2 kg (サイズ M )
  •  
  • 付属

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ 2XS XS S M L XL 2XL

参考適正身長(cm) 158-166
166-172
172-178
178-184
184-189
189-194
194-202
A
参考適正サドル高(mm) 658-758
677-777
696-796
719-819
739-839
756-856
775-875
B
シートチューブ長(mm) 470
489
508
531
551
568
587
C
水平換算トップチューブ長(mm) 509
527
549
560
572
592
604
D
ヘッドチューブ長(mm) 100
110
130
146
167
190
210
E
ヘッド角(°) 69,5°
71,2°
72,8°
73,3°
73,3°
73,3°
73,3°
F
シート角(°) 73,5°
G
チェーンステー長(mm) 410
H
ホイールベース(mm) 969
973
982
989
1001
1021
1033
I
スタック(mm) 494
509
533
550
570
592
612
J
リーチ(mm) 363
376
391
397
403
417
423

ヘッドスペーサー(mm) 27,5

ステム長(mm) 90
90
90
100
110
110
120

ハンドル幅(mm) 390
390
390
410
410
410
430

クランク長(mm) 170
170
170
172,5
175
175
175

シートポスト径(mm) Trident

シートポスト長(mm) 317

ホイール径 28"

バイクカテゴリー: 1
主に細めのタイヤを装備したロードバイク・タイムトライアルバイク・トライアスロンバイク・フィットネスバイクが該当するカテゴリー。
この自転車は、綺麗な舗装路面での使用を前提に設計されており、ジャンプや大きな段差などでタイヤが地面から離れることは想定されていません。シクロクロスバイクの場合は、この限りではありません。
乗員と装備、荷物を合わせた最大制限重量は120kgです。この数値は、組み付けられる部品によってさらに制限される場合があります。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。