Endurace WMN CF SL Disc 8.0 SL

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

Disc Roadbike

より先進的なバイクを作るために

このモデルの特徴

あらゆる曲がり角に冒険を探し求めながら長時間走ることを楽しみにするタイプのライダーなら、Endurace(エンデュレース)WMN CF SL Disc 8.0 SLこそ相棒としてふさわしいバイクです。次のグランフォンドに申し込む予定のライダーや、長距離のソロライドで新しい道を発見することを好むライダーのために、Endurace WMN CF SL Disc 8.0 SLのSportジオメトリーが、長時間のロードワークに必要な乗り心地をもたらしてくれるでしょう。3XSサイズと2XSサイズは650bホイールを使用するよう設計されているため、全フレームサイズできびきびとした機敏な乗り味は変わることがありません。これにより、ジオメトリーとハンドリング性能が全サイズを通じて一定に保たれているのです。軽量カーボンフレームと、すべて一新されたシマノUltegraコンポーネントにディスクブレーキを組み合わせることで、地形に関わりなく快適さと自信を保てるでしょう。変速はこれまでと同様に滑らかですが、どのギアにシフトしたのか分からなくなることが決してない、明確なクリック感のフィードバックにより、操作感はさらに向上しています。ブレーキレバーもタッチが改善されており、さらにCanyonで小さな手に対応するためのリーチの変更を実施しています。DT Swiss ER 1600ホイールセットは、重量を増やすことなく耐久性の高い構造を実現しており、長い上りだけではなく厳しい急坂も楽しく上れるでしょう。Canyon H31 Ergocockpitが空力面で利点があるばかりではなく、人間工学的に最適の快適性も備えています。素晴らしいグループセット、軽いホイール、および滑らかなコクピットによる完成車Endurace WMN CF SL Disc 8.0 SLは、新たな探究を後押しするバイクです。

パーツ一覧

  • ディレーラーハンガー Derailleur Hanger for Road Discbrake Models/Inflite CF SLX
  • カラー stealth shiny | carbon purple
  • 平均重量 7,7 kg (サイズ S )
  •  
  • 付属

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ 3XS 2XS XS S M

参考適正身長(cm) 152-160
160-166
166-172
172-178
178-186
A
参考適正サドル高(mm) 602-702
632-732
662-762
692-792
722-822
B
シートチューブ長(mm) 402
432
462
492
522
C
水平換算トップチューブ長(mm) 492
502
522
535
551
D
ヘッドチューブ長(mm) 109
129
124
143
164
E
ヘッド角(°) 70°
70,8°
70,3°
71,5°
72,5°
F
シート角(°) 73,5°
G
チェーンステー長(mm) 415
H
ホイールベース(mm) 957
962
983
986
993
I
スタック(mm) 494
515
538
561
584
J
リーチ(mm) 346
349
362
369
378
K
スタンドオーバーハイト(mm) 685
711
746
774
801

BB下がり(mm) 63
63
75
75
75
M
Stack+ 583
605
628
652
675
N
Reach+ 391
405
418
436
456

ヘッドスペーサー(mm) 27,5

ステム長(mm) 70/80*
80
80
90
100

ハンドル幅(mm) 380
380
380
400
400

クランク長(mm) 165
165
170
170
172,5

シートポスト径(mm) 27,2

シートポスト長(mm) 350

ホイール径 27,5"
27,5"
28"
28"
28"

*Di2

バイクカテゴリー: 1
このカテゴリーの自転車は、舗装された道を走行するために設計されており、車輪が常に路面に接している状態にあります。主にロードバイクで、ドロップハンドルやストレートハンドルを備えたものがあり、トライアスロンバイクやタイムトライアルバイクなども含まれます。許容総重量はライダー・携行品・自転車を合わせて120 kgですので超過しないようにしてください。この許容最大重量は、使用されているコンポーネントのメーカーの推奨値によって、さらに制限されることがあります。このカテゴリーの特殊な例としては、シクロクロスバイクとして販売されている自転車があり、ドロップハンドルを備え、カンチレバーブレーキまたはディスクブレーキが装備されています。このタイプの自転車は、砂利道やオフロードコースでの走行にも適しており、15 ~20 cm 程度の低い段差によってタイヤが一時的に地表から離れることがあります。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。