Grail WMN CF SL 7.0

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

このモデルの特徴

Grail(グレイル)WMN CF SL 7.0を使う「とき」と「ところ」を考えるなら、単に「いつも」「どこでも」で十分です。市街地の路上でスピードを上げて走るのに必要なハンドリングの性能と速度を備えつつ、グラベルのトレールや人里離れた木の根が多い森道を征服するための敏捷性も備えているのです。Grail WMN CF SL 7.0のカーボンフレームは、 Sportジオメトリーによって快適でありながらスポーティな乗り心地を実現しています。これが、短距離の通勤または最長のライドで、全てを制御下に置いており快適であると感じさせるのです。このバイクを一目見るだけで、限界を押し広げるバイクであることが間違いなく分かるでしょう。革新的なコクピットは、妥協なしの快適性というGrail WMN CF SL 7.0の設計の中心原則を如実に示しています。このコクピットは、機械的な衝撃吸収装置を使用せずに、路面の小さな凹凸や波打ちから生じる振動を吸収するある程度の縦方向の柔軟性をもっています。Canyonは、製品を単純で軽量なものにするよう努力しています。同様に、Canyon S23 VCLSシートポストは、横剛性を犠牲にすることなく、縦方向の柔軟性を備えています。一方、シートチューブ後方側の一体型のシートクランプは、シートポストの突き出し量を多くして衝撃吸収効果を高めるよう配慮されています。女性向けサドルSelle Italia X1 Lady Flowは、数時間に及ぶライドの後でも臀部のしびれや麻痺が生じません。DT Swiss C 1800 Discアルミホイールにより、耐久性と軽さの理想なバランスが確保されており、上りではキビキビした感覚が得られますが、ぬかるみでそれが邪魔になることがありません。Schwalbe G-ONE Bite Gravelタイヤは、路上で好ましい特性である低転がり抵抗を備える一方、荒れた路面での高レベルのグリップも確保しています。全サイズで同様の敏捷なハンドリングを確保するため、2XSサイズとXSサイズのホイールは650bサイズとしており、小柄なライダーのためのジオメトリーにも妥協はありません。こうした信頼性の高い構成に組み合わされるグループセットはシマノ105で、傑出した性能をお手頃な価格で提供します。実用面の備えとして、フェンダー取付用のダボ穴も用意されています。Grail WMN CF SL 7.0があれば、どのような路面条件でも、完璧なグラベルバイクとして信頼できます。

パーツ一覧

  • ディレーラーハンガー Derailleur Hanger for Road Discbrake Models/Inflite CF SLX
  • フレームサイズ 2XS (700C), XS (700C), S (700C), M (700C)
  • カラー meteor grey | russet red
  • 平均重量 8,6 kg (サイズ S )
  •  
  • 付属
  • アクセサリー Canyon SmallBox

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ 2XS XS S M

参考適正身長(cm) 156-166
166-172
172-178
178-184
A
参考適正サドル高(mm) 627-727
657-757
687-787
717-817
B
シートチューブ長(mm) 432
462
492
522
E
ヘッド角(°) 70,25
71,25
71,0
72,5
F
シート角(°) 73,5
G
チェーンステー長(mm) 415
415
425
425
H
ホイールベース(mm) 988
990
1020
1029
K
スタンドオーバーハイト(mm) 753
778
805
833
M
Stack+ 594
615
638
660
N
Reach+ 401
422
439
458

ヘッドスペーサー(mm) 15

ステム長(mm) 60 (S)
75 (M)
75 (M)
75 (M)

ハンドル幅(mm) 400
420
420
440

クランク長(mm) 165
165
170
172,5

シートポスト径(mm) 27,2

シートポスト長(mm) 350

ホイール径 27,5
27,5
28
28

バイクカテゴリー: 1
このカテゴリーの自転車は、舗装された道を走行するために設計されており、車輪が常に路面に接している状態にあります。主にロードバイクで、ドロップハンドルやストレートハンドルを備えたものがあり、トライアスロンバイクやタイムトライアルバイクなども含まれます。許容総重量はライダー・携行品・自転車を合わせて120 kgですので超過しないようにしてください。この許容最大重量は、使用されているコンポーネントのメーカーの推奨値によって、さらに制限されることがあります。このカテゴリーの特殊な例としては、シクロクロスバイクとして販売されている自転車があり、ドロップハンドルを備え、カンチレバーブレーキまたはディスクブレーキが装備されています。このタイプの自転車は、砂利道やオフロードコースでの走行にも適しており、15 ~20 cm 程度の低い段差によってタイヤが一時的に地表から離れることがあります。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。