Speedmax CF SLX 9.0

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

Speedmax CF SLXのご注文では、モデル・カラー・フレームサイズの他に、ハンドルの種類やステム長など様々な無料オプションを選択することができます。また、セラミックベアリングなど有料のオプションも用意しております。詳しくは、こちらのPDF » をご覧ください。
Speedmax CF SLXをご注文いただく場合は、まずモデル・カラー・フレームサイズのみを選択し、ウェブサイトでのご注文を一度完了させてください。
さらに、ご注文を完了するためにはその他の仕様を決定する必要がありますので、メールフォーム › よりご連絡をお願いいたします。

speedmax top

このモデルの特徴

Speedmax(スピードマックス)CF SLX 9.0は、スピードのために作られたバイクでており、それに逆らうようなことはしたくないものです。フレームについてはジオメトリーの微調整が行われ、快適かつ長時間エアロポジションを取ることができる一方、長目のホイールベースにより、特に高速時やコーナリング時の安定性が増しています。CF Basebarと完全一体型のV21 AL Aeroステムの組み合わせは、風に向かったときに高い空力性能を発揮するだけではなく、スペーサーとエクステンションを使用して幅広い調整も可能です。また、Ergonと共同で開発されたCanyon E192 AL Extension Ergo-S-Bendは、エクステンションと豪華なアームパッドに快適性重視のSベンド形状を採用し、位置調整が不自由でパッドが貧弱なエアロバーでありがちなしびれや疲労を防止しています。また、ベストのコンポーネント、シマノDura-Ace Di2の装備により、自己ベストを引き出すお手伝いをします。53-39のHollowtech IIクランクと、11-25のリアスプロケットにより、鋭い加速が保証されているだけではなく、これまでより長時間トップスピードを維持するためにペダルを回し続けることができます。Reynolds 80 Aero Carbonクリンチャーホイールは、ハイト80mmのディープリムによる優れた空力性能と低い転がり抵抗が保証された、高速走行のためのホイールセットです。Speedmax CF SLX 9.0を注文することは、TTまたはトライアスロンでの成功への道です。快適性と機敏なハンドリングは、このバイクをいつもの練習用バイクにしたくなるほどであり、自己ベストのレースタイムを叩き出す助けとなります。

パーツ一覧

  • ディレーラーハンガー Derailleur Hanger No.41
  • フレームサイズ S, M, L
  • カラー comet blue | deep black matt - white
  • 平均重量 8,6 kg (サイズ M )
  •  
  • 付属

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ S M L

参考適正身長(cm) 159-175
175-186
186-202
A
参考適正サドル高(mm) 675-842
694-871
728-905
E
ヘッド角(°) 73°
F
シート角(°) 80,5°
G
チェーンステー長(mm) 420
H
ホイールベース(mm) 985
1016
1051
K
アームパッドスタック(mm) 566-619*
595 - 648*
628 - 681*
L
アームパッドリーチ(mm) 453 - 527*
475 - 549*
498 - 572*

ステム長(mm) 65 (short) | 85 (long)

ハンドル幅(mm) 390

クランク長(mm) 170
172,5
175

* アームパッドスタックは、スペーサーの他に、ご注文時にベースバーの種類を変更することで調節することが可能です
* アームパッドリーチは、ステム長の選択およびアームパッド固定位置での調節が可能です

バイクカテゴリー: 1
このカテゴリーの自転車は、舗装された道を走行するために設計されており、車輪が常に路面に接している状態にあります。主にロードバイクで、ドロップハンドルやストレートハンドルを備えたものがあり、トライアスロンバイクやタイムトライアルバイクなども含まれます。許容総重量はライダー・携行品・自転車を合わせて120 kgですので超過しないようにしてください。この許容最大重量は、使用されているコンポーネントのメーカーの推奨値によって、さらに制限されることがあります。このカテゴリーの特殊な例としては、シクロクロスバイクとして販売されている自転車があり、ドロップハンドルを備え、カンチレバーブレーキまたはディスクブレーキが装備されています。このタイプの自転車は、砂利道やオフロードコースでの走行にも適しており、15 ~20 cm 程度の低い段差によってタイヤが一時的に地表から離れることがあります。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。