Aeroad CF SLX Disc 9.0 SL
アウトレット // ロード・グラベル・シクロクロス アウトレット

Aeroad CF SLX Disc 9.0 SL

  • stealth - asphalt grey
  • 平均重量
    7.10 kg
  • 素材
    カーボン(CF)

Aeroad CF SLX Disc 9.0 SL - レースに取り込もうと思っているライダー、または単に土曜日午前中のライディングで友人を打ち負かすことに興味があるライダーのどちらにとっても、Aeroad(エアロード)CF SLX Disc 9.0 SLは、風の強いロングライドや地元の激しいクリテリウムなど状況を問わず完璧な伴侶になるでしょう。長年リムブレーキのバイクでレースに参加しており、ディスクブレーキなどたいしたものではないと思っていたライダーも、SRAM e-Tap HRDレバーを1回でも引いてみれば、どうして今までの人生で油圧ディスクブレーキに出会ってなかったのかと考え始めるでしょう。

税別:

Aeroad CF SLX Disc 9.0 SL - レースに取り込もうと思っているライダー、または単に土曜日午前中のライディングで友人を打ち負かすことに興味があるライダーのどちらにとっても、Aeroad(エアロード)CF SLX Disc 9.0 SLは、風の強いロングライドや地元の激しいクリテリウムなど状況を問わず完璧な伴侶になるでしょう。長年リムブレーキのバイクでレースに参加しており、ディスクブレーキなどたいしたものではないと思っていたライダーも、SRAM e-Tap HRDレバーを1回でも引いてみれば、どうして今までの人生で油圧ディスクブレーキに出会ってなかったのかと考え始めるでしょう。

Aeroad CF SLX Disc 9.0 SL

受賞とレビュー

Aeroad CF SLXフレームに油圧ディスクブレーキを組み合わせた結果、ライダーはどのような場合も速度をコントロールできるという万全の自信を持ち、ためらいなくスピードを求めることができるため、レーシングマシンとして完璧な仕上がりです。SRAM e-Tapは、最も先進的なワイヤレス技術による変速という新機軸をもたらしています。このバイクをフランスやイタリアの山岳で使用したい場合でも、SRAM油圧ディスクブレーキは摩擦熱の放熱効果が改善されており、世界のどのような山岳の峠の下りでも焼き切れることはありません。空力性能をさらに証明するものとしては、DT Swiss ARC 1100 Dicut db 62ホイールセットもあります。これは、ディスクブレーキ専用設計のホイールで、風を切り裂く低い空気抵抗と横風安定性、予測可能性を兼ね備えています。シートポストとしては、Aeroadフレームのダウンチューブと同じTrident 2.0エアロテクノロジーを使用したS27 Aero VCLS CFが、極めて巧妙に埋め込まれたシートクランプにより保持されています。Aeroad CF SLX Disc 9.0 SLはめざましい外見をさらに上回るレベルの性能をそなえています。購入する場合は、友人やレースのライバルたちの羨望の視線を浴びることや、場合によってはターゲットになることを覚悟しなければなりません。

ジオメトリー表を見る

読み込み中

すべてのロード・グラベル・シクロクロス アウトレットモデル

39 商品
  • ソート
    • Blue Tinted
    • katusha red
    • stealth
    • oahu blue
    • stealth - red
    • pearl city black
    • waikiki pink
    • Red Tinted
    • Movistar Blue
    • stealth - asphalt grey
    • stealth - red
    • inpace green
    • waikiki pink
    • stealth
    • Blue Tinted
    • kerosine red
    • gran tourismo blue
    • Canyon Sram Stealth
    • stealth - asphalt grey
    • stealth - red
    • kerosine red
    • stealth - red
    • canyon sram racing
    • high vis Black
    • minimal neon
    • stealth - asphalt grey
    • stealth - red

バイク分類

このカテゴリーの自転車は、舗装された道を走行するために設計されており、車輪が常に路面に接している状態にあります。主にロードバイクで、ドロップハンドルやストレートハンドルを備えたものがあり、トライアスロンバイクやタイムトライアルバイクなども含まれます。許容総重量はライダー・携行品・自転車を合わせて120 kgですので超過しないようにしてください。この許容最大重量は、使用されているコンポーネントのメーカーの推奨値によって、さらに制限されることがあります。

このカテゴリーの特殊な例としては、シクロクロスバイクとして販売されている自転車があり、ドロップハンドルを備え、カンチレバーブレーキまたはディスクブレーキが装備されています。このタイプの自転車は、砂利道やオフロードコースでの走行にも適しており、15 ~20 cm 程度の低い段差によってタイヤが一時的に地表から離れることがあります。

We’re in Control

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。Canyonのバイクはメーカー直接販売、Canyon公式ストアのみで販売しています。またご注文前からご注文後まで、Canyon製品に精通したカスタマーサポートチームが、最適なサポートを提供いたします。

免責条項

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。