Canyon Ultimate CF SLX
アウトレット // ロード・グラベル・シクロクロス アウトレット

Ultimate CF SLX 9.0 Di2

  • カラー: black
フレームサイズ: 2XS
注意: 各モデルによって装備や摩耗のレベルが異なります。そのため、これらが販売価格に影響を与えることがあります。
¥358,700
¥639,000でした
¥280,300 ディスカウント
税別:
Canyon Ultimate CF SLX
  • 平均重量
    8.40 kg
  • 素材
    カーボン(CF)

Ultimate CF SLX 9.0 Di2 Ultimate(アルティメット)シリーズは10年以上にわたって、Canyonロードバイクの頂点に立ち続けるモデルです。細心の注意を払って開発され、軽さと最高の剛性を持つだけでなく最高のライドクオリティをひとつのパッケージにまとめ上げています。長時間にわたるパフォーマンスと快適性の両立を可能にするスポーツプロジオメトリーを採用。カーボン製フレームからアルミニウム製フレームまで幅広いラインナップを揃え、その性能はそれらを駆るトップ選手をはじめとするライダーの活躍によって証明されています。

Please note the different equipment in the component list.

すべてのロード・グラベル・シクロクロス アウトレットモデル

173 商品
  • ソート
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha
    • カラー: team replica - katusha

バイク分類

このカテゴリーの自転車は、舗装された道を走行するために設計されており、車輪が常に路面に接している状態にあります。主にロードバイクで、ドロップハンドルやストレートハンドルを備えたものがあり、トライアスロンバイクやタイムトライアルバイクなども含まれます。許容総重量はライダー・携行品・自転車を合わせて120 kgですので超過しないようにしてください。この許容最大重量は、使用されているコンポーネントのメーカーの推奨値によって、さらに制限されることがあります。

このカテゴリーの特殊な例としては、シクロクロスバイクとして販売されている自転車があり、ドロップハンドルを備え、カンチレバーブレーキまたはディスクブレーキが装備されています。このタイプの自転車は、砂利道やオフロードコースでの走行にも適しており、15 ~20 cm 程度の低い段差によってタイヤが一時的に地表から離れることがあります。

We’re in Control

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。Canyonのバイクはメーカー直接販売、Canyon公式ストアのみで販売しています。またご注文前からご注文後まで、Canyon製品に精通したカスタマーサポートチームが、最適なサポートを提供いたします。

免責条項

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。