Torque CF CLLCTV FW

¥635,999
¥769,000
¥133,001 ディスカウント
MTB界の大スター、ファビオ・ヴィブマーの使用するフリーライドバイクのレプリカとなる、リミテッドエディションのTorqueです。マレットサイズのホイール、ハイエンドなコンポーネントを手に入れて、あらゆるバイクパークやトレイルを自由自在に駆け回りましょう。
  • フロントサスペンションフォークトラベル量: 170 mm
  • 重量: 14.82 kg
  • カラー: Guardian Angel
  • Torque CF CLLCTV FW
    カラー: Shockwaves
  • メンバーのみ購入可能商品. 登録 こちらから.
フレームサイズを選択
お客様にぴったりのサイズは?
3つのステップで簡単に診断
お届け予定: フレームサイズ 選択
注意:
お客様の自転車をできるだけ早くお届けするために、ウェブサイトに記載の仕様と同等以上の品質の代替部品を採用する場合があります。これらの部品は、ウェブサイトに記載の仕様と異なる場合があります:

• タイヤ
メンバーのみ購入可能商品. 登録 こちらから.
¥635,999
¥769,000
¥133,001 ディスカウント
お届け予定: フレームサイズ 選択
フレームサイズ 選択
追加情報
現在の発送予定時期に関する情報 続きを見る
以下の費用は含まれていません:
Torque CF CLLCTV FW

前後異径のマレットホイールサイジング

1980年代に流行した髪型にちなんで名付けられたマレットマウンテンバイクは、1台のバイクに両方のホイールサイズの利点を兼ね備えています。このヘアスタイルのように、フロントでは絶大なグリップを、リアでは振り回す楽しみがあります。フロントの29インチホイールは、驚異的なロールオーバーと巨大なトラクションで、ハードな仕事をこなします。リアには小型の27.5インチホイールを搭載し、ジャンプラインでのパーティーを開始するための超敏捷性を備えています。
Torque CF CLLCTV FW

可変フレームジオメトリー

Torqueの優れた汎用性をさらに高めたい場合は、シートステイにあるフリップチップを使ってフレームジオメトリーを調整することができます。2つのポジションから選べます:LOとHIの2種類です。出荷時はLOに設定されています。チップを180°回転させるとヘッド角が64°、シート角が78°とそれぞれ0.5°立ちます。さらにボトムブラケットの高さが8mm高くなるため、グラウンドクリアランスが広がり、ダイレクトなハンドリングが可能になります。
Torque CF CLLCTV FW

ファビオのバイク、ファビオのコンポーネント

Torque CF Fabio Wibmerには、言うまでもなく、ファビオが自身のバイクで使用しているコンポーネントのみを採用しており、彼の特徴的なデザインタッチが反映されています。人間工学に基づいて設計されたSQlabのコックピット(3OXカーボンバーと8OXアルミステム)や、グラビティライドに最適なブレーキセットの一つであるパワフルなMagura MT7ブレーキです。そして、快適なSQlab 611 Ergowaveサドルがセットアップを締めくくります。

Torque CF CLLCTV FW 詳細

読み込み中

他のライダーも購入しています

NINEYARD x CANYON Oversize Longsleeve Functional Shirt
Canyon CLLCTV Enduro MTB Jersey
  • カラー: multicolor
¥8,000
Mucky Nutz Short MugGuard
¥2,700
NINEYARD x CANYON Snapback Cap
¥4,700
Canyon Enduro-Bibshorts with D3O Protector
Canyon Minitool
  • カラー: Silver
¥2,700
Canyon CLLCTV Sticker Set
  • カラー: Black/White
¥2,000
Dynamic Bio Drivetrain Detox Cleaner

バイクカテゴリー

主に200mm程度のロングトラベルの前後サスペンションを装備したダウンヒルバイクと、非常に頑丈な構造を持つダートジャンプバイクが該当するカテゴリー。 このカテゴリーに属するダウンヒルバイクは、練習を積んでテクニックのあるライダーが、障害物が大変多く、勾配が非常にきついチャレンジングなダウンヒルコースを、攻めて走ることを前提に設計されています。 また、このカテゴリーに属するダートジャンプバイクは、バイクパークでの非常に大きなジャンプに使用されることを前提に設計されています。 必ずライド前に、自転車の各部分にダメージが無いか点検してください。ダメージを負った部品をそのまま使用することは、大きな事故に繋がる可能性があります。安全に関わる重要な部品は、定期的に交換してください。 適切な装備を着用して身体を防護することは必須です。

免責条項

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

読み込み中
Loading animation image