2021/06/21 Canyon.com
2021/06/21 Canyon.com

バイクのタイヤ空気圧の基本

タイヤ空気圧を正しく設定することは、お客様自身がバイクの性能向上のためにできる最大の貢献かもしれません。では、空気圧をどれほどにすればいいのでしょうか。

バイクのタイヤ空気圧の基本 正しいタイヤ空気圧は、サイクリングの重要な要素です。

なぜタイヤ空気圧が問題なのでしょうか?

タイヤ空気圧は、バイクのハンドリングと、ライダーの快適性に影響を与えます。そして何よりも、正しい空気圧によって、ホイール、タイヤ、チューブ、そしてライダー自身のダメージを回避できるのです。また、正しいタイヤ空気圧はE-バイクのバッテリー寿命を延ばすことにもつながります。適切に空気を充填されたタイヤによって、バッテリー出力を浪費せず、より長時間ホイールを回すことができるからです。

空気の充填不足が最も良く見られる問題ですが、空気の入れすぎも同様に良くない場合があります。空気圧には最適なポイントがあり、それを捉えることで乗り心地は大きく向上します。

空気圧を下げる利点は何ですか?

軟らかいタイヤは、凸凹の路面やオフロードのトレイルでサスペンションとして働きます。また、接地面積が大きくなるので、コーナリング時のグリップと信頼感が向上します。マウンテンバイクでは、軟らかいタイヤを履かせることで、ブレーキング、コーナリング、そして上りのトラクションが向上します。

しかし、タイヤ空気圧が低すぎると問題も生じます。接地面積が大きいとグリップが向上するかもしれませんが、転がり抵抗も大きくなります。そのため、タイヤの摩耗も大きくなります。また、空気圧不足のタイヤは、リム打ちによるパンクの危険が高まります。軟らかいタイヤが、路面の凸凹やくぼみに当たった際に大きく変形し、リムとの間にチューブを挟み込んでしまうのです。

タイヤの空気圧を上げるとどうなりますか?

ロードバイクでは長い間、高い空気圧が標準でした。タイヤが硬ければ、少なくとも理論上は転がり抵抗が小さくなるからです。しかし、実際には、そこまで滑らかな路面は少なく、最大空気圧まで空気を充てんしたタイヤは、非常にきつい乗り心地になります。さらに、荒れた路面やオフロードでは、余分な振動や激しい揺れは不快なだけではなく、空気圧の低いタイヤと同じくらい実際の車速を下げてしまいます。

また、空気圧が高すぎると、さまざまな破損リスクが生じます。適正空気圧を大きく上回れば、タイヤは破裂します。充填中に破裂することもありますが、走行中に破裂すればさらに危険です。また、バルブやポンプも破損する場合があります。つまり、それぞれの自転車に最適なタイヤ空気圧を見つけることが大切なのです。

バイクのタイヤ空気圧の基本 マウンテンバイクのライダーはロードのライダーよりも低いタイヤ空気圧を好みます。

バイクのタイヤ空気圧をどのように決めればよいのでしょうか?

空気圧は、さまざまな要因により大きく変動するものですので、あらかじめ範囲で把握しておくと役に立ちます。おおよその目安としては、以下のようになります。

  • ロードバイク: 80~130psi
  • マウンテンバイク: 25~60psi
  • クロスバイク: 40~70psi

タイヤメーカーは通常、タイヤのサイドウォールに最大空気圧を表示しています。この最大空気圧を超えて空気を入れるのはもちろんおすすめできませんが、最適な空気圧は、この最大値よりも低いことが多いのです。

最適なタイヤ空気圧に影響する要因は何ですか?

タイヤには推奨空気圧があり、これはタイヤの種類とサイズ、走行条件、バイクとライダーの重量で決まります。

マウンテンバイクのタイヤはロードバイクのタイヤよりも太く、ワイドなリムによって低い空気圧で走行できます。また、凸凹の路面やゆるんだ路面で使用するためのものですので、軟らかめのタイヤによる大きなトラクションとショック吸収性能が重視されるのです。

一方、ロードバイクはリムが細めで、剛性を保つために空気圧を高める必要があります。しかし、ありがたいことに、ロードバイクのタイヤ空気圧は以前のような160psiもの高圧を求められることはなく、28mmタイヤなら90~100psi程度で十分です。

チューブレスタイヤは、空気圧が低くてもリム打ちパンクを起こしにくいことから、過去数年間、特にロードバイクで人気が高まっています。また、チューブレスタイヤは、耐パンク性が高いため、長い目で見ると時間と費用の節約になります。

ロードバイクでもマウンテンバイクでも、凸凹の路面状況が予想される場合は、空気圧を若干下げるケースがあります。たとえば、ロードバイクなら石畳や舗装状態の悪い路面、マウンテンバイクなら凸凹や急坂のトレイルでは、タイヤが軟らかいほうがハンドリングが向上します。

また、推奨タイヤ空気圧は通常、ライダーの体重を70kg、バイクの重量を12kgとして計算されています。これより体重の重いライダーの場合、タイヤ空気圧を若干上げる必要があります。最適な空気圧に調整するには、基準の数値から体重10kgあたりおよそ1%を目安に増減させるとよいでしょう。電動バイクのタイヤ空気圧も同様の考え方で算出できます。バッテリー分として通常10kg分を加算して考えてください。

バイクのタイヤ空気圧の基本 ライドにお出かけの際は、ポンプを忘れずに持っていきましょう。

タイヤ空気圧を点検する方法を教えてください。

空気圧ゲージをお持ちでない場合、あくまで目安にしかなりませんが手の感覚でテストする方法もあります。タイヤを強く押したときに、タイヤはごくわずかに凹む程度でなければなりません。また、サドルに全体重をかけて下に押しつけても、タイヤの変形がごくわずかかまったくないようにしてください。

しかし、確実なところを知りたいなら、やはりバイク用の空気圧ゲージで正確に測定するしかありません。タイヤ空気圧を適切に調整したいなら、きちんとしたデジタルゲージに投資する価値があります。デジタルゲージを使用するには、ノズルをバルブに当てて値を読み取るだけです。

空気入れポンプについて注意点はありますか?

高品質のフロアポンプは、自転車のタイヤ空気圧を適切に調整することができます。一般にゲージを備えており、デジタルゲージのように正確な値は得られませんが、通常は十分使用に耐えます。フロアポンプには切り換え可能なアダプターが備わり、仏式と米式のどちらのバルブにも使用できます。

また、出先での使用に備えてハンドポンプを持ち歩くのも賢明です。ハンドポンプでタイヤに完全に充填するのは容易ではありませんが、パンクの際にはこれがないとどうしようもありません(もちろん、スペアチューブか修理キットも必要です)。

ポンピングのポイント

今のポンプは多くの場合、、仏式バルブと米式バルブのどちらにも適合するよう口金部分がアタッチメント構造になっています。ただし、使用するバルブに合わせて交換するか、上下逆にする必要があります。一部の高品質フロアポンプには、ねじ込み式の固定具があり、密閉性が高くなっています。いずれの場合も、バルブにしっかりとはめ込むことが重要です。ポンピングするときに、バルブから空気が漏れるシューという音が聞こえてはいけません。

仏式バルブでは、先端部のナットを緩めてバルブに空気が流入できるようにする必要があります。また、入口部分でバルブが固着していることがあるので、バルブをわずかに押して空気を出す必要もあります。

人によりやり方が異なるので、まず経験してみるのがよいでしょう。ただし、正しい空気圧によって、最大限の快適性、効率、安全性が確保でき、最高のサイクリング体験ができることに変わりはありません。

タイヤ

読み込み中
ニュースレターの購読登録をいただきますと、Canyonの下記 規定に同意したものとみなします

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックいただき、ありがとうございます

ストーリー

2020/12/08
「マウンテンバイクの最初の一台に最適なモデルはどれでしょう?」 よくぞお尋ねくださいました!Canyonはあらゆる用途に適したマウンテンバイクをラインナップしています。だからどんなライダーのライディングスタイル、予算、スキルレベルにもぴったりの、あなたにベストマッチの一台を見つけることができるのです。
2021/06/07
どのようなロードバイクをお探しですか? グループセットやジオメトリーから、ライディングスタイルを完成させるためのマストアイテムであるアクセサリーまで、すべてをご案内します。
2023/05/04
サイクリスト仲間とよく話す人なら、ほとんどの場合Stravaという単語は聞いたことがあるでしょう。ところで、それは本当に噂どおりのものなのでしょうか? この話題のアプリについて、少しだけ掘り下げてみましょう。
2023/04/04
チェーンの清掃は簡単な作業だと思う人も長時間の退屈な仕事だと思う人もいます。最も実用的で時間効率も高い方法を見てみましょう。
読み込み中
Loading animation image