Torque DH CLLCTV

¥399,000
Canyon Torque DH CLLCTVはフリーライド用として理想的なバイクです。思わず笑みがこぼれるスピード、アドレナリンがあふれ出る下り、注目の的となるスタイリッシュさを兼ね備えています。定評を得ているフレームにタフなダウンヒル用コンポーネントを装備したTorque DH CLLCTVでフリーライドを目いっぱい楽しみましょう。
  • フロントサスペンションフォークトラベル量: 190 mm
  • 重量: 17.10 kg
  • Torque DH CLLCTV
    カラー: CLLCTV Dark Purple
  • メンバーのみ購入可能商品. 登録 こちらから.
フレームサイズを選択
お客様にぴったりのサイズは?
3つのステップで簡単に診断
お届け予定: フレームサイズ 選択
メンバーのみ購入可能商品. 登録 こちらから.
¥399,000
お届け予定: フレームサイズ 選択
フレームサイズ 選択
追加情報
現在の発送予定時期に関する情報 続きを見る
以下の費用は含まれていません:
Torque DH CLLCTV

AL – 金属の本領を発揮

新世代の耐久性を誇るハイパフォーマンスアルミフレーム。カーボンの同等品と同じくALフレームもカテゴリー5テスト規格に合格しており、どれほど過酷なトレイルやビッグジャンプにも耐えます。フレームは形状が見直され、前のモデルよりも剛性が向上しつつ200g軽量化されています。
Torque DH CLLCTV

1レベル上の走破性

Torqueのジオメトリーが新しくなりプログレッシブになりました。非常にテクニカルなシングルトラックを高速でスムーズにこなせます。Torque ALはスラックなヘッドアングル、長めのリーチとホイールベースが特長。CFモデルのようにフリップチップを搭載してはいませんが、63.5°のヘッドアングルで安定性は十分です。
Torque DH CLLCTV

巧みなケーブルルーティング

バイクの変速ケーブルやブレーキホースはフレーム前三角内部のフォームホース内を通ります。このためテクニカルなトレイルでもケーブルの音鳴りがなく、またケーブルが接触して傷むこともありません。後三角は外装ルーティングなので、メンテナンスが楽です。
Torque DH CLLCTV

ダウンヒル対応フリーライドバイク

頑丈なデュアルクラウンフォークとダウンヒルに完全に対応するスペックを備えたTorqueは、暴れ馬のようなバイクです。Fest SeriesのビッグジャンプやRed Bull Rampageのトリックジャンプを跳んだり、DHシリーズでトッププライベーターを目指すなど、このバイクはあらゆるコース、あらゆるジャンプで活躍します。 

Torque DH CLLCTV 詳細

読み込み中

他のライダーも購入しています

Canyon CLLCTV Enduro Longsleeve MTB Jersey
¥8,000
Canyon Sideloader Carbon Bottle Cage
Canyon MTB Gloves
  • カラー: Black
  • カラー: Grey
¥4,700
Canyon Men's Cycling Wind Jacket Regular Fit
  • カラー: Black
  • カラー: Green
¥12,900
Canyon Undershorts with D3O Protector
Canyon MTB Shorts
  • カラー: Black
¥12,900
Canyon Minitool
  • カラー: Silver
¥2,700
Dynamic Slick Wax
Canyon CLLCTV Summer Snapback Cap
¥4,000
Canyon CLLCTV Mechanic Men's Short Sleeve Shirt

バイクカテゴリー

主に200mm程度のロングトラベルの前後サスペンションを装備したダウンヒルバイクと、非常に頑丈な構造を持つダートジャンプバイクが該当するカテゴリー。 このカテゴリーに属するダウンヒルバイクは、練習を積んでテクニックのあるライダーが、障害物が大変多く、勾配が非常にきついチャレンジングなダウンヒルコースを、攻めて走ることを前提に設計されています。 また、このカテゴリーに属するダートジャンプバイクは、バイクパークでの非常に大きなジャンプに使用されることを前提に設計されています。 必ずライド前に、自転車の各部分にダメージが無いか点検してください。ダメージを負った部品をそのまま使用することは、大きな事故に繋がる可能性があります。安全に関わる重要な部品は、定期的に交換してください。 適切な装備を着用して身体を防護することは必須です。

免責条項

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

読み込み中
Loading animation image