Sender CF 8.0

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

このモデルの特徴

Redbull Rampageのラインをテストすることを考えるとパワーが湧いてくるタイプのライダーなら、ダウンヒルレーサーのコレクションにSender(センダー)CF 8.0を加えたくなることでしょう。フリーライドの天才トーマス・ ゲノンがRedbull Rampageでの使用バイクと同様のセットアップのこのバイクは、センディングギャップも大落差の着地もこなせます。Sender CF 8.0のジオメトリーは、ライダーが自分のライン上ですべてを完全に制御するためのものである一方、Foxエアサスペンションはトラック上で勢いを生むために役立ちます。トラベル量200mmのFox Performance Elite 40サスペンションフォークは極めて敏感で、リバウンドを簡単に調整できます。Fox Performance Float X2は敏感であり、小さな凸凹で素直な挙動を示す一方で、低速/高速のコンプレッションとリバウンドの調整も容易にできます。最悪の状況下でも有り難みがよく分かる驚くべき耐久性と長寿命から、コンポーネントはシマノSaintが組み込まれています。クランクは起伏の激しいダウンヒルランでも十分な耐久性と信頼性がある一方、リアディレーラーが変速をミスすることは決してありません。その4キャリパーピストンブレーキにより、ブレーキング力の有効性が疑わしい瞬間も一切ないでしょう。DT Swiss FR 2020ホイールセットは、1950と同じ高耐久リムを使用し、リム内幅を27としています。安定性としなやかさを両立したMaxxis Minion DHR II 2.4インチタイヤを簡単に組み込むことができ、オンザレールでコーナーを駆け抜けるために最大のトラクションを引き出します。ハンドル周りにはCanyonで最もタフな耐久レベル5のG5コンポーネントを使用しています。Sender CF 8.0は、最高にタフなラインでも大きな自信を持ってテストするようライダーの背中を押すバイクなのです。

パーツ一覧

  • リアショック Fox Performance Float X2 Evol
  • フォーク Fox Performance Elite 40
  • ヘッドセット Acros DH
  • ディレーラーハンガー Derailleur Hanger No. 26
  • チェーンガイド e.thirteen LG1+ | Bashguard | AL Backplate
  • チェーンリング 36
  • ステム Canyon G5
  • シートポスト SDG Micro I-Beam SP
  • シートクランプ Canyon SENDER integrated
  • フレームサイズ S, M, L, XL
  • カラー volcano red | wasp
  • 平均重量 16,7 kg (サイズ M )
  •  
  • 付属

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ S M L XL

参考適正身長(cm) 160-170
170-180
180-190
190-200
A
参考適正サドル高(mm) 632-999
B
シートチューブ長(mm) 400
400
450
450
C
水平換算トップチューブ長(mm) 562
586
611
635
D
ヘッドチューブ長(mm) 110
120
130
140
E
ヘッド角(°) 63° +/-1°
F
シート角(°) 74°
G
チェーンステー長(mm) 430/446
H
ホイールベース(mm) 1207 (+16)
1232 (+16)
1256 (+16)
1281 (+16)
I
スタック(mm) 599
607
616
625
J
リーチ(mm) 420
440
460
480
K
スタンドオーバーハイト(mm) 735
740
743
747
L
BB下がり(mm) 6

ヘッドスペーサー(mm) 15

ステム長(mm) 45/50

ハンドル幅(mm) 800

クランク長(mm) 165

シートポスト径(mm) 30,9

シートポスト長(mm) 300

タイヤ含む半径(mm) 352

ホイール径 27,5

フロントストローク(mm) 200

リアストローク(mm) 200

リアショック長(mm) 240 x 76

バイクカテゴリー: 5
主に200mm程度のロングトラベルの前後サスペンションを装備したダウンヒルバイクと、非常に頑丈な構造を持つダートジャンプバイクが該当するカテゴリー。
このカテゴリーに属するダウンヒルバイクは、練習を積んでテクニックのあるライダーが、障害物が大変多く、勾配が非常にきついチャレンジングなダウンヒルコースを、攻めて走ることを前提に設計されています。
また、このカテゴリーに属するダートジャンプバイクは、バイクパークでの非常に大きなジャンプに使用されることを前提に設計されています。
必ずライド前に、自転車の各部分にダメージが無いか点検してください。ダメージを負った部品をそのまま使用することは、大きな事故に繋がる可能性があります。安全に関わる重要な部品は、定期的に交換してください。
適切な装備を着用して身体を防護することは必須です。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。