Strive CF 8.0

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

このモデルの特徴

上りでXCバイクのような性能を持ち、楽しい下りではDHバイクの能力を持つマウンテンバイクが欲しいと夢見てきたのなら、あなたには良い仲間が居ます。ファビアン・バレル本人が、Canyonの設計者たちにそのようなバイクを創り出すよう求めていたのです。Strive(ストライブ)CF 8.0は、その驚くべき結果のひとつです。その設計には本来的にShapeshifterテクノロジーが組み込まれており、ライダーはスイッチひとつで、ジオメトリー、サスペンションキネマティクス、およびトラベル量を調整し、バイクの構成を上り専用機から「ダウンヒルの悪魔」へと変えることができます。それぞれのモードにおいてジオメトリーとサスペンションのバランスが絶妙に取られており、ライダーはヤギの獣道をたどるなどという、それまでならあり得なかった試みに挑戦する自信を持てるでしょう。カーボン製のフロントトライアングルと6066アルミ合金製のリアトライアングルの間には、減衰力を3段階に調整できる Fox Performance Float EVOL DPXエアサスペンションがあり、あらゆる地形で驚くべき性能を示します。フロントでは、トラベル量170mmのFox 36 Float Factoryが地面に追従しているので、グリップが失われることは決してありません。SRAM X01 Eagleグループセットは、ライダーが必要とするギア比をもたらしてくれる1x12セットアップで、最大級にきつい上りセクションをクリアするための「救命具」となる50Tスプロケットを備えています。チューブレスレディのDT Swiss EX 1700 Splineホイールは、フロントに猛烈なグリップ力を生むMaxxis Minion DHR II 2.4タイヤを、リアに回転数を落とすことなくコーナーでのグリップを増すMaxxis Minion SemiSlick 2.3タイヤを組み合わせています。Strive CF 8.0を購入して優先順位をはっきりさせましょう。

パーツ一覧

  • フォーク Fox 36 Float Performance Elite
  • ヘッドセット Acros Bloc Loc
  • ディレーラーハンガー Derailleur Hanger No. 26
  • チェーンガイド MRP V3 S3
  • ブレーキ SRAM Code R
  • スプロケット SRAM XG-1275 Eagle, 12s
  • ホイールセット DT Swiss EX 1700 Spline, 30 | 25 mm
  • チェーン SRAM GX Eagle
  • サドル SDG FLY MTN
  • フレームサイズ XS, S, M, L, XL
  • カラー stealth | factory racing
  • 平均重量 14,0 kg (サイズ M )
  •  
  • 付属

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ XS S M L XL

参考適正身長(cm) 155-165
165-174
174-181
181-188
188-198
A
参考適正サドル高(mm) 635-735
670-777
695-827
725-857
765-897
B
シートチューブ長(mm) 388
430
430
460
500
C
水平換算トップチューブ長(mm) 576
600
629
648
658
D
ヘッドチューブ長(mm) 95
115
125
135
155
E
ヘッド角(°) 66 [+1,5°]
F
シート角(°) 73,5° [+1,5°]
G
チェーンステー長(mm) 423
H
ホイールベース(mm) 1132
1158
1188
1207
1240
I
スタック(mm) 592
606
615
627
643
J
リーチ(mm) 402
422
448
468
487

ヘッドスペーサー(mm) 20

ステム長(mm) 40
40
50
50
50

ハンドル幅(mm) 780

クランク長(mm) 170

シートポスト径(mm) 30,9

シートポスト長(mm) 390
390
440
440
440

ホイール径 27,5"

バイクカテゴリー: 4
主に150mm程度のミッドトラベルの前後サスペンションを装備したマウンテンバイクが該当するカテゴリー。
この自転車は、勾配がきつく非常に荒れた、障害物の多い路面を、高速を維持して走る場合があることを前提に設計されています。練習を積んだライダーが、一般的な高さの段差からジャンプすることは問題ありませんが、バイクパークでの過度なジャンプや、「ノースショアスタイル」のセクションを走ることは避けてください。
オフロード走行によって、自転車の各部品には疲労が蓄積します。ライドごとに必ず自転車を点検してください。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。