Aeroad CF SLX 9.0 Di2

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

このモデルの特徴

ライダーはみなハードなトレーニングを積み、競争における優位性をもとめて、体力を最大限に活用しようとします。これこそ、Aeroad(エアロード)CF SLX 9.0 Di2の購入が極めて有用な理由です。平均重量わずか980gと軽量で堅いにもかかわらず快適で、極めて空力性能に優れたAeroad CF SLXは、ライダーを集団前方に押し上げるプロレベルの一押しなのです。Proジオメトリーにより、厳しい走行区間でもステムに身を伏せて、長時間ドロップポジションを取るのも苦になりません。これこそが、競争相手を葬るために必要なことです。このフレームはラインナップ中、最も空力性能に優れたものであるばかりでなく、ダイレクトマウントブレーキや一体型シートポストクランプ、S27 Aero VCLS CFシートポストといった細部も、インターフェースに配慮のない設計で折角のパワーをロスすることなどない、ということを示しています。そして、シマノDura-Ace Di2の採用ほどこのバイクの質の高さを明確に示すものはないでしょう。このグループセットは、コンポーネント技術の頂点を示すものです。Dura-Ace Di2の滑らかで容易な変速と、気象条件を問わず頼りになる制動力は、このバイクが好天時のみの友ではないこと、気象や路面の状況に関わりなくやるべきことをやり遂げる心強い友として信頼できるということを示しています。ステム一体型エアロハンドルCanyon H11 Aerocockpit CFは、マシンコントロールの要となる、空力性能の良い快適なタッチポイントを提供しています。USTチューブレス対応のMavic Comete Pro Carbon SLレーシングホイールは、64mmハイトのNACA翼型プロファイルのリムを備え、ライダーが風を切り裂くために必要なパズルの最後のピースです。Aeroad CF SLX 9.0 Di2は、集団の横を飛ぶように走りすぎるお手伝いをします。

パーツ一覧

  • ディレーラーハンガー Derailleur Hanger No.25
  • フレームサイズ 2XS, XS, S, M, L, XL, 2XL
  • カラー stealth - asphalt grey | cherry pepper
  • 平均重量 7,1 kg (サイズ M )
  •  
  • 付属

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ 2XS XS S M L XL 2XL

参考適正身長(cm) 158-166
166-172
172-178
178-184
184-189
189-194
194-202
A
参考適正サドル高(mm) 658-758
677-777
696-796
719-819
739-839
756-856
775-875
B
シートチューブ長(mm) 470
489
508
531
551
568
587
C
水平換算トップチューブ長(mm) 509
527
549
560
572
592
604
D
ヘッドチューブ長(mm) 100
110
130
146
167
190
210
E
ヘッド角(°) 69,5°
71,2°
72,8°
73,3°
73,3°
73,3°
73,3°
F
シート角(°) 73,5°
G
チェーンステー長(mm) 410
H
ホイールベース(mm) 969
973
982
989
1001
1021
1033
I
スタック(mm) 494
509
533
550
570
592
612
J
リーチ(mm) 363
376
391
397
403
417
423

ヘッドスペーサー(mm) 27,5

ステム長(mm) 90
90
90
100
110
110
120

ハンドル幅(mm) 390
390
390
410
410
410
430

クランク長(mm) 165
170
170
172,5
175
175
175

シートポスト径(mm) Trident

シートポスト長(mm) 350

ホイール径 28"

バイクカテゴリー: 1
このカテゴリーの自転車は、舗装された道を走行するために設計されており、車輪が常に路面に接している状態にあります。主にロードバイクで、ドロップハンドルやストレートハンドルを備えたものがあり、トライアスロンバイクやタイムトライアルバイクなども含まれます。許容総重量はライダー・携行品・自転車を合わせて120 kgですので超過しないようにしてください。この許容最大重量は、使用されているコンポーネントのメーカーの推奨値によって、さらに制限されることがあります。このカテゴリーの特殊な例としては、シクロクロスバイクとして販売されている自転車があり、ドロップハンドルを備え、カンチレバーブレーキまたはディスクブレーキが装備されています。このタイプの自転車は、砂利道やオフロードコースでの走行にも適しており、15 ~20 cm 程度の低い段差によってタイヤが一時的に地表から離れることがあります。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。