Ultimate CF SL 7.0

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

このモデルの特徴

Canyonでは、完成車ラインナップも豊富に用意しているため、どれを購入するか迷うかもしれません。無理を承知で高みを目指すわけではないのであればUltimate EVOを考慮に入れる必要はありませんが、真剣なレースに参加する可能性を多少なりとも残しておきたいという思いがあるなら、テクニカルなクリテリウムコースを良いペースで回るために役立つ、軽くてレスポンスの良いバイクを手に入れておきたいところです。Ultimate CF SL 7.0は、予算に限りのあるロードサイクリストに対するCanyonの回答です。変速性能とブレーキング能力は、信頼性が高く、価格面で非常に有利なシマノ105を装備しており、「価格に見合った価値」とは正にこのグループセットのことなのです。足回りは、25mmのContinental Grand Prix SLを組み込んだMavic Askiumホイールで、しなやかでありながら反応の鋭い乗り心地になっています。アルミブレーキ面と105ブレーキキャリパーの組み合わせにより、ウェットコンディションでもアスファルトが溶け出すような高温時でも高い信頼性を保ちます。タッチポイントは、H17 Ergo ALハンドルとねじれ方向に堅いV13ステムの組み合わせで、安定したエルゴノミックなコクピットを形成しています。さらに、S23 VCLS CFシートポストにより、Canyonの設計の根底を成すVertical Comfort Lateral Stiffness (上下方向の快適性と横剛性)テクノロジーの優れた点が感じ取れるでしょう。Ultimate CF SL 7.0であれば、クレジットカードの限度額を気にせずに、走行時の限界の押し上げを開始できます。

メディアによる評価

  • Ultimate CF SL 7.0
    「レベルアップに最適なバランスの良いオールラウンダー」 産経デジタル Cyclist バイクインプレッション2016

Ultimate CF SL 7.0

パーツ一覧

  • ディレーラーハンガー Derailleur Hanger No.28
  • フレームサイズ XS, S, M, L, XL, 2XL, 3XL
  • カラー stealth - red | stealth - white
  • 平均重量 7,6 kg (サイズ M )
  •  
  • 付属

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ XS S M L XL 2XL 3XL

参考適正身長(cm) 165-172
172-177
177-182
182-187
187-192
192-197
197-204
A
参考適正サドル高(mm) 660-760
700-800
732-832
758-858
780-880
805-905
830-930
B
シートチューブ長(mm) 465
505
537
563
585
610
635
C
水平換算トップチューブ長(mm) 526
536
549
566
582
600
616
D
ヘッドチューブ長(mm) 121
137
149
169
189
208
228
E
ヘッド角(°) 71,7°
72,5°
73,3°
73,3°
73,3°
73,3°
73,3°
F
シート角(°) 73,5°
G
チェーンステー長(mm) 410
H
ホイールベース(mm) 972
974
980
997
1014
1032
1048
I
スタック(mm) 528
546
560
579
598
617
636
J
リーチ(mm) 370
374
383
394
405
417
428
K
スタンドオーバーハイト(mm) 747
772
790
812
833
853
873

BB下がり(mm) 70
M
Stack+ 619
638
652
673
692
713
732
N
Reach+ 428
443
463
484
495
517
528

ヘッドスペーサー(mm) 27,5

ステム長(mm) 80
90
100
110
110
120
120

ハンドル幅(mm) 380
400
420
420
440
440
440

クランク長(mm) 165
170
172,5
175
175
175
175

シートポスト径(mm) 27,2

シートポスト長(mm) 350

ホイール径 28"

バイクカテゴリー: 1
このカテゴリーの自転車は、舗装された道を走行するために設計されており、車輪が常に路面に接している状態にあります。主にロードバイクで、ドロップハンドルやストレートハンドルを備えたものがあり、トライアスロンバイクやタイムトライアルバイクなども含まれます。許容総重量はライダー・携行品・自転車を合わせて120 kgですので超過しないようにしてください。この許容最大重量は、使用されているコンポーネントのメーカーの推奨値によって、さらに制限されることがあります。このカテゴリーの特殊な例としては、シクロクロスバイクとして販売されている自転車があり、ドロップハンドルを備え、カンチレバーブレーキまたはディスクブレーキが装備されています。このタイプの自転車は、砂利道やオフロードコースでの走行にも適しており、15 ~20 cm 程度の低い段差によってタイヤが一時的に地表から離れることがあります。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。