Ultimate CF SLX Frameset Mechanical

カートへ
ドイツ付加価値税不要

送料・梱包料別途要

サイズ/発送予定

このモデルの特徴

私たちのほとんどは、日常生活においてそれほど多くの選択肢を持っているわけではありません。仕事は行かなければならないものですし、子どもを学校に迎えに行ったり、使い走りをしたりということにも選択の余地はありません。しかし、Ultimate CF SLX Mechanical Framesetを購入し、好みのパーツとホイールで組み立てを始めると、多数の選択肢を持つことになります。このフレームセットは、Ultimate CF SLXフレームの機械式仕様ですので、機械式を好むライダーのためのものです。そして、その種のライダーは自分のバイクに手を入れることを好むものですが、このフレームは、裏庭の小屋で溶接してつなぎ合わせたようなものではありません。入手可能なものの中で最軽量レベル(フレーム780g、フォーク295g)であり、最も空力性能に優れたものでもあるのです。H36 Aero Cockpit CFステム一体型ハンドルシステムは、ハンドルとステムのシームレスな構造をねらったもので、人間工学的に先進的なだけではなく、空力性能の面でも卓越したものです。このフレームには、S13 VCLS CFシートポストも付属しています。これは、フルカーボンによる快適性と剛性に、15~35mmのセットバック調整範囲を組み合わせたものです。フレームサイズは身長158~204cmのライダーに適するものが用意されており、仕上げは4種類のエレガントなカラーから選択できます。外観が全てではありませんが、外観は重要なものです。Ultimate CF SLX Mechanical Framesetを購入することによって、あらゆるクライマーまたはパンチャーが望みうる最良のバイクの組み立てに一歩近づくことになるのです。しかし、このバイクは、キンタナ選手でなくても手に入れられるのです。

パーツ一覧

  • フレームサイズ 2XS, XS, S, M, L, XL, 2XL
  • カラー stealth - asphalt grey | stealth - red | gran tourismo blue | jet silver - grey
  • 平均重量 1,8 kg (サイズ M )
  •  
  • 付属

製造上の理由により、仕様の変更が予告無く行なわれることがあります。また、記述上の小さな誤りや省略がある場合があります。

ジオメトリー表

geometrie
フレームサイズ 2XS XS S M L XL 2XL

参考適正身長(cm) 158-166
166-172
172-178
178-184
184-190
190-196
196-204
A
参考適正サドル高(mm) 630-730
665-765
690-790
720-820
750-850
780-880
810-910
B
シートチューブ長(mm) 430
460
490
520
550
580
610
C
水平換算トップチューブ長(mm) 513
530
544
556
571
596
611
D
ヘッドチューブ長(mm) 94
113
136
155
181
204
222
E
ヘッド角(°) 69,6
71
72,25
73,25
73,25
73,5
73,5
F
シート角(°) 73,5
G
チェーンステー長(mm) 410
H
ホイールベース(mm) 975
980
985
988
1003
1026
1039
I
スタック(mm) 500
522
546
567
592
613
631
J
リーチ(mm) 368
378
385
391
399
418
428

ヘッドスペーサー(mm) 27,5*

ステム長(mm) 80**/90
80**/90
90
100
110
110
120

ハンドル幅(mm) 380**/390
400**/390
400**/390
420**/410
420**/410
440**/410
440**/430

クランク長(mm) 165/170***
170
170
172,5
175
175
175

シートポスト径(mm) 27,2

シートポスト長(mm) 345

* ヘッドパーツカバー(16mm)を含まない
** ハンドルとステムが別体型となっているモデルの場合
*** Campagnoloグループセット搭載モデルの場合

バイクカテゴリー: 1
このカテゴリーの自転車は、舗装された道を走行するために設計されており、車輪が常に路面に接している状態にあります。主にロードバイクで、ドロップハンドルやストレートハンドルを備えたものがあり、トライアスロンバイクやタイムトライアルバイクなども含まれます。許容総重量はライダー・携行品・自転車を合わせて120 kgですので超過しないようにしてください。この許容最大重量は、使用されているコンポーネントのメーカーの推奨値によって、さらに制限されることがあります。このカテゴリーの特殊な例としては、シクロクロスバイクとして販売されている自転車があり、ドロップハンドルを備え、カンチレバーブレーキまたはディスクブレーキが装備されています。このタイプの自転車は、砂利道やオフロードコースでの走行にも適しており、15 ~20 cm 程度の低い段差によってタイヤが一時的に地表から離れることがあります。

一貫した品質管理

Canyonのバイクは、細かな部品まで自社で開発することで、徹底した品質管理を実現しています。CanyonのバイクはすべてCanyon公式ストアで販売されており、そこから得た知見を製品にフィードバックしています。